過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

かなり古い話ですが、消費者金融は「サラ金」と世間から呼ばれていました。

  • 一昔前、消費者金融は「サラ金」といわれていました。この「サラ金」は、サラリーマン金融という言葉を略しているのですが、消費者金融がサラリーマンを顧客としている金融業者、であることから「サラ金」と言われていました。この頃は、高い金利でお金を貸すという事実もあり、世間からするとイメージは悪いものでした。この時のあまりよくない印象が強い昭和世代の人たちからすると、ここ数年の消費者金融と人々との関係に、かなりビックリすることでしょう。「銀行」と経営を連携するようになり、信用度も高められてきました。安定性が高まったことで、金利についても銀行並みに低く抑えている消費者金融も結構増えています。そのうえ、利用における審査基準もやさしく、即時融資も取り扱ってくれるので、急ぎで借入れしたいときは、銀行よりも迅速な「消費者金融」にメリットを感じるといった場面も増えっつあります。

  • 過去記事一覧